Q:社会福祉法人の監査義務化に備え、どのような準備が必要ですか。

A:監査に対応可能な内部統制を構築しておかなければ、監査コスト増加等の要因となります。

外部監査に備えるため、監査に協力する準備を整え、監査に対応可能な内部統制を構築しておく必要があります。これらの事前の準備は、法人内の管理体制の整備に繋がりますので、決して監査のためのみの無駄な投資ではありません。なお、十分な監査受入体制を整えることができなかった場合、監査対応時間の増加、監査コストの増加等の負担が生じる可能性がありますので、ご留意ください。

(回答:2016年7月05日)

 

本稿は万全を期しておりますが、その内容の正確性、最新性、完全性、合法性その他を表示、保証するものではありません。実際の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、公認会計士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

 

 

御堂筋監査法人へのご相談は、カンタン専用フォームにて。


 

「社会福祉法人の監査義務化」について、相談したい。

御堂筋監査法人 のサービスについて、概要を知りたい。

具体的な提案や見積りを依頼したい。 

 

このような場合には、専用フォームからお問い合わせください。

サービスのお問い合わせ・ご提案依頼は、こちらから 

 

お電話でのお問い合わせは、こちらから(平日9:00~19:00)

大阪 06-6866-8277

 

©御堂筋監査法人